免許取得(種類)

  1. ホーム
  2. 免許取得(種類)

免許の取得について

小型船舶操縦士免許は、操縦できる水面の範囲や船の種類によって一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、 特殊小型船舶操縦士に分かれています。

  • 一級小型船舶操縦士免許

    船舶の種類

    24m未満のプレジャーボート
    その他の船舶は20トン未満(水上オートバイを除く)

    航行区域

    すべての水域

  • 二級小型船舶操縦士免許

    船舶の種類

    24m未満のプレジャーボート
    その他の船舶は20トン未満(水上オートバイを除く)

    航行区域

    海岸から5海里(約9km)以内の水域及び平水区域

  • 特殊小型船舶操縦士免許

    船舶の種類

    水上オートバイ

    航行区域

    船舶検査証書に記載される水域

    特徴
    1. 1長さ4m未満、かつ、幅1.6m未満
    2. 2ハンドルバー方式
    3. 3身体のバランスを用いて操縦
    4. 4推進機関はジェット式ポンプによる駆動など

船舶免許を取得するためには

小型船舶操縦免許を取得するには、直接、小型船舶操縦士国家試験を受験する「国家試験受験コース」と、登録小型船舶教習所において一定期間講習を受講した後、国家試験と同等の内容の学科及び実技修了試験を受験し、合格すれば国家試験の学科と実技が免除される「国家試験免除コース」の二つの方法があります。

操縦免許取得までの流れ

ボートスクール東京では、短期間で確実に免許を取得できる
国家試験免除コースによる学科・実技講習をしております。
当スクールで実技・学科の講習を受け終了審査に合格すれば、
指定試験機関の筆記・実技試験が免除されます。

国家試験免除コースとは

国家試験免除コースは、国土交通省に登録されている小型船舶教習所(登録小型船舶教習所)にて、免許取得を目指すコースです。

メリット

このコースは、学科・実技講習終了後、その場ですぐに修了審査を受けることができるので短期間でスムーズに免許取得が可能です。また、終了審査に不合格でも、希望により、その日のうちに再度終了審査を受けることも可能です。かなりの高合格率。

受験コースの場合は、試験日があらかじめ設定されているので、講習を受けて試験を受けるまでの時間差が生じる場合が多いです。また、試験に不合格の場合、再度試験を受けるには最短でも一週間程度かかるため、免除コースに比べると合格率が低くなっています。

免許の種類

モーターボート等は一級小型船舶操縦免許証又は二級小型船舶操縦免許証を、水上オートバイ等は特殊小型船舶操縦士免許証を有していなければ、これらの小型船舶に船長として乗船することはできません。

1級

1級小型船舶操縦士

操縦できる範囲は無制限。小型船舶免許の最高峰です。

小型船舶で操縦できる範囲は無制限です。
ただし、沿海区域の外側80海里(約150キロメートル)未満の水域以遠を航行する場合は、六級海技士(機関)以上の資格を受有する者を乗り組ませねば なりません。

講習及び試験時間
  • 国家試験免除コース
    学科 学科終了検査 実技 実技終了検査
    24時間 2時間20分 4時間 25分
  • 国家試験受験コース
    学科 学科試験 実技 実技試験
    2日 2時間20分 半日~2日 1時間
受験資格
受験年齢 17歳9ヶ月から受験可能(免許取得資格は18歳以上)
視力 両眼とも0.6以上(矯正可)。
一眼の視力が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること。
弁色力 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。)
聴力 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
疾病及び身体機能の障害 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
料金
受講料(教材費含) 113,000円
登録免許税(印紙) 2,000円
申請手数料 3,000円
総額 118,000円

進級

ステップアップ(進級)

2級から1級にステップアップする方はこちら!

2級小型船舶免許をお持ちの方で1級にステップアップ(進級)する事ができます。

講習及び試験時間
  • 国家試験免除コース
    学科 学科終了審査 実技 実技終了検査
    12時間 1時間10分 免除 免除
  • 国家試験受験コース
    学科 学科試験 実技 実技試験
    1日~2日 1時間10分 免除 免除
受験資格
受験年齢 17歳9ヶ月から受験可能(免許取得資格は18歳以上)
視力 両眼とも0.6以上(矯正可)。
一眼の視力が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること。
弁色力 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。)
聴力 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
疾病及び身体機能の障害 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
料金
受講料(教材費含) 33,000円
登録免許税(印紙) 2,000円
申請手数料 3,000円
総額 38,000円

2級

2級小型船舶操縦士

海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域を操縦できます。

小型船舶で、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域を操縦できます。
なお、年齢が18歳未満の方は操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。
18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。

講習及び試験時間
  • 国家試験免除コース
    学科 学科終了検査 実技 実技終了検査
    12時間 1時間10分 4時間 25分
  • 国家試験受験コース
    学科 学科試験 実技 実技試験
    1日~2日 1時間10分 半日~2日 1時間
受験資格
受験年齢 15歳9ヶ月から受験可能(免許取得資格は16歳以上)
視力 両眼とも0.6以上(矯正可)。
一眼の視力が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること。
弁色力 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。)
聴力 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
疾病及び身体機能の障害 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
料金
受講料(教材費含) 90,200円
登録免許税(印紙) 1,800円
申請手数料 3,000円
総額 95,000円

特殊

特殊小型船舶操縦士

水上オートバイを操縦するためにはこの免許が必要です。

水上オートバイを操縦するために必要な免許です。湖岸や海岸から2海里(約3.7キロ)までの水域を操縦できます。

講習及び試験時間
  • 国家試験免除コース
    学科 学科終了審査 実技 実技終了検査
    約6時間 50分 1.5時間 15分
  • 国家試験受験コース
    学科 学科試験 実技 実技試験
    半日 50分 半日 20分
受験資格
受験年齢 15歳9ヶ月から受験可能(免許取得資格は16歳以上)
視力 両眼とも0.6以上(矯正可)。
一眼の視力が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること。
弁色力 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。)
聴力 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
疾病及び身体機能の障害 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
料金
受講料(教材費含) 53,500円
登録免許税(印紙) 1,500円
申請手数料 3,000円
総額 58,000円
1級・2級を現有の場合 48,000

 

  • よくあるご質問
  • 受講者の声
  • スタッフ紹介
  • 必要書類ダウンロード 免許の更新・失効・訂正・紛失の各手続きに必要な書類をダウンロードできます。

合同会社 ボートスクール東京

〒130-0026
東京都墨田区両国2-10-6
ローレンスノダ2階

アクセスマップ

[TEL] 03-6659-4430
[FAX] 03-6732-3305
[営業時間] 10:00~19:00
[定休日] 年末年始

PAGE TOP